FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回探訪「平野郷と環濠」

第8回探訪「平野郷と環濠」
平成29年10月25日(水)

平野いろいろ案内人「塚原先生」の案内で、
平野郷を探訪しました。
span>

大阪府指定天然記念物の「巨楠」
樹齢千年だそうです。

11-1.jpg

杭全神社の拝殿
11-2.jpg

杭全神社の第一本殿~第三本殿
11-3.jpg

町屋改修第一号の饅頭店
11-4.jpg

境内に地獄堂や駄菓子屋博物館がある全興寺
11-5.jpg

五軒長屋
11-6.jpg

赤留比売命神社の拝殿と本殿
11-7.jpg

融通念佛宗総本山「大念佛寺」
本堂は、大阪府内最大の木造建物です。

11-8.jpg

青空に映える瓦、菊の紋と葵の紋が並んでいます。
11-9.jpg

暑くもなく、寒くもなく、環濠自治都市を歩くのに最適な
気候でした。歴史とロマンがいっぱいつまった町、平野郷
良かったなあ。
(一班広報担当 E.E)


第2弾
探訪のスタートは、平野郷環濠跡から。杭全神社の東側に現在も残っている。
12-1.jpg

平野いろいろ案内人「塚原先生」のガイドで歴史的な話を聞き探索のスタートです。
12-2.jpg

平野の地名の由来となる坂上田村麻呂の第2子廣野麿呂の女子春子姫を祀る長寳寺を見学。
12-3.jpg

杭全神社第一本殿前。平安時代から平野郷一円の守護神として信仰を集めている。
12-4.jpg

含翠堂跡。平野七名家の一人土橋友直等によって創設された民間の学問所。経営はすべて寄付で賄われたという。
12-5.jpg

かたなの博物館。家の中では二人の刀職人が砥ぎの作業を黙々とされていた。
12-6.jpg

全興寺地獄堂。閻魔大王がお堂の中で鎮座し、睨みをきかしている。
12-7.jpg

平野の黄金水。平野公園の一角にある。秀吉も醍醐の花見で黄金水で造ったお酒を味わったという。
12-8.jpg

田畑口地蔵。十二体のお地蔵さまが平野郷をそれぞれの入り口に祀られている。
12-9.jpg

小林新聞舗。大阪市内で最も古い朝日新聞販売所。明治22年創業、石造りの洋館風の外観が特徴。
12-10.jpg

末吉(西)家の邸宅。平野七名家の一家。坂上氏の子孫。築三百年を超える邸宅。
12-11.jpg

大念仏寺。本堂は木造建築では大阪府最大の大きさ。探索のゴール地点。お疲れ様でした。

12-12.jpg

(3班広報:F・I)


<おまけ>
大阪市の一画に堺と同じような自治都市があるのに、とてもおどろきました。
その堺は、織田信長、豊臣秀吉とともに繁栄し、平野は徳川家康とともに繁栄(末吉家)したと講義を受けてさらにおどろきました。また、最後に訪れた大念仏寺の荘厳さは素晴らしかったです。
また、講義・探訪とこの先いろいろとありますが楽しみにしています。(2班:A.T)

DSC_2897_R.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。